冬になるとさらに手汗が出るのは何故?

暑くて手に汗をかいてしまう夏。乾燥してハンドクリームが欠かせない冬。こんな手のお悩みが、良くあります。ですが、全く逆に夏の暑い時期に、手が乾燥してカサカサになり、冬の寒い時期に、手汗が酷くなってしまう...と言うお悩みが、少なくないんです。どうして暑い夏ではなく、寒い冬に手汗が酷くなるのでしょうか。

 

手汗と体温調節

寒くなると、暖房を高めに設定してしまいがちです。
外気と、室内の温度差が大きくなると、脳が錯覚を起こしてしまい、手汗が増えると言うことがあるんです。体温調節がうまく出来ていないと、手汗をかいてしまうんですね。
まずは、暖房の設定温度をもう一度、見直すことがすぐに出来る対処法です。暖房の設定温度を頻繁に変えたり出来ない場合も多いですから、脱いだり着たりがすぐに出来るような服装を、あらかじめ準備をしておくと良いですね。

 

手汗と基礎代謝

基礎代謝と聞くと夏は、グッと上がり、冬は下がると言うイメージがあります。ですが、これは間違ったイメージで、実は冬の方が基礎代謝は高く上がるんです。なぜかと言うと理由は簡単。寒いと、体温を上げようとするために多くのエネルギーを必要とするので、代謝が上がります。そうすると自然と汗の量も増えてしまいます。
汗をかくと体温は下がりますが、体温が下がるとまた上げようと体は頑張ります。ですので、手汗をかいたら放置しないですぐに汗を拭き、体温の大幅な変化がないよう注意することで、手汗が抑えられます。

 

手汗と気圧

「気圧」と聞くと、天気の話?と思ってしまいますが、気圧は思いの外、身体に影響を及ぼしているんです。「雨が降ると、関節が痛くなる」と良く聞きますよね。これも、気圧が体に及ぼす影響の1つです。
冬は気圧は高くなることが多くあります。気圧が高くなると交感神経の働きが活発になると言われています。この交感神経は、汗の分泌量を左右する働きを持っているため、気圧が高くなると、汗もかきやすくなってしまいます。
こんな時には、リラックスしてのんびり過ごしたり、ゆっくり眠ることが対処法になります。ストレッチをしたり、深呼吸をしたりして、気持ちを落ち着かせましょう。

 

手汗と病気

手掌多汗症と言う病気があります。これは、1年を通して、手汗をかいてしまう病気です。前述した気圧等に関係なく、交感神経が活発になってしまい、季節を問わず手がしっとりしてしまいます。
手掌多汗症だった場合は、手術をして治すと言う方法もあります。

 

いかがだったでしょうか?「手汗が気になって...」と悩んでいる方は、思い当たる原因があったでしょうか?「もしかして」と思ったら、ぜひとも対処方法を試してみてください。また、手掌多汗症のように病気と言うこともありえますから、「手汗で病院なんて」と思わずに、受診もしてみましょう。皮膚科で相談が出来ますよ!

 

安価で手汗を止める方法はコチラ