手汗にも効く制汗剤を探そう

「ワキに制汗剤使用」は、良くあることです。1度は使ったことがあるかと思いますし、CMも良く目にします。ワキではなく、手汗に使用する手汗専用の制汗剤があると言うことを、ご存知でしょうか。

 

塩化アルミニウムとクロルヒドロキシアルミニウム

「手汗 制汗剤」と検索すると、たくさんのホームページ・商品がヒットします。
ですが、手汗を抑えられる制汗剤は、どれでも良いと言うわけではありません。
強い効果のある制汗成分「塩化アルミニウム」を配合している制汗剤は、効果が高いでしょう。
塩化アルミニウムには、汗腺を塞ぎ、汗を抑えると言った強い制汗作用があります。皮膚科等でも、多汗症の治療薬として使われています。制汗作用が強い分、肌への負担も大きくなりますが、手のひらは比較的皮膚が厚い手ので、肌荒れやかぶれと言った可能性は、ほとんどありません。ただ、手汗用の塩化アルミニウム配合の制汗剤を、ワキ等に使用するのは止めましょう。ワキは皮膚が薄く、敏感なので、かぶれてしまう恐れがあります。
また最近では、効果・安全性ともに効果が高い「クロルヒドロキシアルミニウム」も注目されています。手汗抑制の効果自体は、塩化アルミニウムの方が高いですが、クロルヒドロキシアルミニウムは、肌への負担が掛かりません。
手汗の量や場面によって、使い分けても良いかもしれません。

 

手汗には直塗り

手汗専用の制汗剤には、スプレーやクリーム、ローション、パウダー等、色々なタイプがあります。これらの中でも、肌に直接塗るタイプがお薦めです。やはり、肌に直接塗るタイプの方が、持続力を感じられます。ですが、直接塗るタイプだと手がベタベタするようであれば、パウダータイプのサラっとしたものもお薦めです。

 

制汗剤の使い方

手汗を抑えるためにと、制汗剤をいつでも、大量に塗ってしまいがちですが、これは間違いです。
制汗剤は、汗腺を塞いで、汗が出て来られないようにしているので、長時間この状態が続くと肌に負担が掛かり、肌が荒れたりと別の症状が出てしまいます。また、ずっと制汗剤を塗った状態でいると、手汗抑制の効果が半減してしまうこともあります。
なので、制汗剤は、本当に必要な時にだけ使用して、こまめに洗い流すようにした方が良いでしょう。

 

夜塗るタイプも

手汗用の制汗剤には寝る前に塗る「おやすみタイプの」ものもあります。
ですが、このタイプのものは、朝起きたら、必ず洗い流しましょう。そして、あくまでも「おやすみタイプ」ですので、日中に塗るのは止めましょう。

 

手汗の制汗剤は、調べてみると「こんなに!」と思うほど種類が豊富にあります。それほど、手汗に悩んでいる人が多いとも言えるでしょう。たくさんの制汗剤から、自分の症状にあった制汗剤をぜひ、見つけてください。そして用量と使用方法をきちんと守って、手汗を上手にコントロールしてください。

 

制汗剤で手汗を止める方法